低用量ピルをネットの通販で買う方法とは!?初めてでも安心の個人輸入代行

公開日:2018/06/21 /  最終更新日:2019/06/24

使い方が分からない女性低用量ピルを通販で購入できるなら、少し使ってみたい!
そのように考える人は少なくないでしょう。実際、私自身も初めて使おうと思ったのはそんな簡単な動機でした。

でもやっぱり、実際にピルを使ってみようと思っても、婦人科に行って処方してもらうというのは恥ずかしいものです。
ですが、ネット通販ならその恥ずかしさは一切ないですし、自宅や外出先から簡単にポチポチッとするだけで自宅にまで
低用量ピルを届けてくれるので、使ってみる価値は充分にあります。

ですが、実際に使ってみようと思っても、使い方が分からないし不安となるのもあるでしょう。私自身もそうでした。

今では慣れてしまって当たり前のように使ってますが、初めてのことは誰だって不安なもの。

ですから、ここでは簡単に低用量ピルを通販で購入するときの手順を私の体験をもとに紹介したいと思います。

低用量ピル通販を利用するときの注意点に関する情報はこちらのページで詳しく解説しています、

初めて低用量ピルを通販で購入しようと考えている方は、是非参考にしてみてください!

個人輸入代行サービスを利用して低用量ピルを買う方法とは?!

とても便利でお得に購入できる低用量ピル通販ですが、気になるのはその利用方法でしょう。

利用方法の難しさについてはソコまで難しくないというのが私自身が思ったことです。

しかしこれは、個人輸入代行サービスでない、いわゆるネット通販と呼ばれるサービスを利用したことがあるかどうかが大きな分かれ道になります。

基本的な利用方法の流れに関しては、AMAZONや楽天などと全く変わりません。

そのため、AMAZONや楽天などのネット通販を一度でも利用したことがある場合、何も知らずともスムーズに利用することができます。

逆に一度も利用したことが無い場合には、少し戸惑う部分があるかもしれませんが、それでも非常にややこしくて使いづらいと思うようなことはありません。

ネット通販を使ったこともないし、あまりネットに詳しくない私でもソコまで難しくないと感じるぐらいなのでちょっと詳しい人ならとっても簡単だと思います。

特に、今までにネット通販サイトを一度でも利用したことがあるという人にとってはその傾向は強くなります。

基本的なサービスの利用方法は、ネット通販サイトと個人輸入代行サイトで大きな違いはありません。

 

では、実際に個人輸入代行サービスを利用する流れを紹介していきます。

 

利用する個人輸入代行サイトを開く

利用する個人輸入代行サービスのサイトを開きます。

現在ではこうしたサービスを行うサイトも非常に多くなっているので、口コミや評判などの情報を使った事前調査は役立ちます。

悪評が多かったりするサイトの場合、対応が悪かったりすることもありますし

最悪な場合は注文した医薬品が粗悪品だったり偽物だったりなんて言うことも。

そのため、適当に利用するサービスを選ぶのではなく念入りに調べた上で選ぶことが大切です。

 

トリキュラーを検索して見つける

利用する通販サイトを開いたら、目的の低用量ピルを探しましょう。

今回は、参考例として私が使ってる低用量ピルのトリキュラーを購入するとして紹介していきます。

サイトによっては更に探し方が増えたり減ったりすることもありますが、基本的な探し方としては大きく分けて2通りあります。

一番簡単な方法なのが「トリキュラー」という医薬品名で検索を行う方法です。

多くの通販サイトでは商品名検索を行う事が出来るようになっているので、トリキュラーと検索窓に入力して検索ボタンを押すだけ。

利用する通販サイトがトリキュラーを取り扱っていれば、トリキュラーが検索結果として表示されます。

もし、表示されない場合はトリキュラーを取り扱ってないことが濃厚です。

ここで、私からのアドバイスが一つ!それが

サイトによって「医薬品名検索の精度」が違うっていうこと。

サイトによってはトリキュラーと正式名称を一字一句間違えずに入力して検索しなければ検索結果に表示されない所もあります。

ですが「トリキユラー」や「トリキラー」のような少し間違っているけど、検索した商品名に近い医薬品を検索結果として表示してくれるサイトもあります。

なので、医薬品名で検索しても検索結果に表示されない場合は、そこで取り扱ってないと諦めるのではなく

これから紹介する方法で改めて探してみるのがオススメです。

医薬品名検索とは違う探し方が「カテゴリー検索」です。

通販サイトでは様々な医薬品がカテゴリ分けされており、それぞれのカテゴリから目的の医薬品を探せるようになっています。

今回目的としているトリキュラーは「低用量ピル」や「避妊薬」といったようなカテゴリーに分類されています。

該当カテゴリーを選択すると、カテゴリに属する様々な商品が表示されるので目的の「トリキュラー」を見つけましょう。

私からのアドバイスとしては、

検索を使い分けるとスムーズで便利

という事。今回みたいにトリキュラーを買うと決めてる場合は名前で検索して探す方が早いんですけど

カテゴリー検索を使うとトリキュラー以外の色んな低用量ピルを一度に確認できるので

どのピルが良いかって比較したりして選べるので、ピルが欲しいけど具体的にどのピルって言うのが決まってない場合は

カテゴリー検索がオススメ!

 

トリキュラーをカートへ入れる

医薬品名検索とカテゴリー検索を使って、目的のトリキュラーを見つけることができました。

トリキュラーを見つけた後は、トリキュラーの画像などをクリックして

商品の詳細ページへと移動します。

商品詳細ページでは、その商品にまつわる様々な詳細情報の他に、価格などが掲載されています。

初めて使うような医薬品などの場合は、成分や副作用などの確認は怠らないようにしましょう。

カートへ商品を入れた段階で料金の支払いが発生したりという事はありません。

気になる商品を入れた上で、後からカートに入れた商品を削除するということも可能です。

カート内では、商品の確認や削除以外にも商品の合計金額や購入数の変更などもできるので、欲しい商品を欲しい数量カートに入れましょう。

スーパーやコンビニで商品カゴに購入する商品を入れている状態をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

やっぱりいらないかなって商品は元の商品棚に戻すことができますし、追加で欲しい場合は追加することができる。

まだレジへ行っていないので料金は発生しないというわけです。

 

トリキュラーの確定を行う

トリキュラーをカートへ入れた後は、商品の確定します。確定しても、それで注文自体が完了するわけではありません。

目的の商品を全てカートへ入れた後は、カートページから「オーダーへ進む」「レジへ進む」といったボタンで商品の確定を行えます。

あくまでも、商品が確定するだけであって、支払いがこの時点で発生するといったことはありません。

 

支払いの方法と配送先の指定

購入する商品を確定させた後は、支払い方法と届け先を決めます。

支払方法は、利用するサイトによって選べる方法が変わります。どの通販でも銀行振込での支払いは利用できますが

銀行振込以外の、クレジット決済、コンビニ決済などは利用するサイトによるので利用前に合わせて確認しておくとよいかもしれません。

支払方法と共に決めるのが配送先です。

今回であれば、トリキュラーを実際に届けてもらう場所をここで指定するわけです。

当然、住所や氏名を間違えてしまえば、届けてもらう事はできません。

海外から発送された商品であるため、返送されたりした場合には再配送をしてもらえないというケースも多いので

届け先は間違えないように注意して入力しましょう。

届け先に関しては、利用するサイトによっては郵便局留めができる場合があります。

家族と住んでいて、自宅に届くと家族に中を見られてしまうという事もあるでしょう。

そうした時は、郵便局留めを利用すれば家族にもバレずに低用量ピルを手に入れることができます。

但し、郵便局留めの場合、郵便局での保管期間が定められており、それを超えてしまうと返送されてしまうので

荷物追跡などで今どこに荷物があるのかを把握しておく必要があります。

指定した支払方法で代金の支払い

届け先の入力や支払方法を確定した後は、実際にトリキュラーの代金を支払うことで輸入の注文が完了となります。

支払方法を変更したいという場合には、サイトにメールなどで問い合わせしたりすることで支払方法を変更することができたりもするので

銀行振込にしてたけど、銀行に行く時間がなくなったのでコンビニ決済にしたいというような場合でも問い合わせで柔軟に対応してもらえます。

ただし、当然ながら支払方法はその通販サイトで利用できる支払方法の中でのみなので、コンビニ決済に対応していないのに、コンビニ決済をしたいと変更依頼をしても

それが認められるという事はありません。

商品が届くのを待つ

自分で指定した支払方法で代金の支払いを行った後は、待っているだけです。

ここから先は特にするべきことなどはありません。

商品が届くまで待つだけです。海外からの輸入になるのでネット通販などとは違って時間がかかるというネックがあります。

どのぐらいの時間が必要になるかというと、多くの場合2週間~4週間と言われています。

比較的長い時間が必要になるため、注文したこと自体を忘れてしまうという人も珍しくありません。

忘れてし待っても、自宅に届けられる場合は問題ありません。

郵便局留めの場合、届いたことに気づかずに思い出しときは返送されてしまっていたなんて言うこともゼロじゃないので

気を付けておきましょう。

上記のステップを踏むだけで、指定した場所へと低用量ピルを届けてもらうことができます。
難しいように見えても、実際にやってみると非常に簡単ですし

 

通販であって通販ではない!?

個人輸入で注文した女性低用量ピルは通販で購入することができるようになっていますが、正確には通販ではありません。

ネット通販サイトと同じ感覚や手順で使えますが、正確には「個人輸入代行」と呼ばれるサービスで

海外の製薬会社から直接商品を輸入するのを代行してもらうサービスとなっています。

 

通販とは違いますが、通販感覚で利用できるので、一応違うサービスであるというのは知っておくとよいと思いますが、

面倒なら通販でも問題ないと思います。

 

では、通販でなくて個人輸入代行である理由はあるんでしょうか?

その理由は説明した通り非常に単純です。その理由というのが、医薬品は医師の処方なく販売することはできません。

ですから通販で医薬品を取り扱うことは、そもそも違法なのです。

通販と個人輸入代行の決定的な違いはここにあります。

まとめ

なかなか病院で処方してもらうのが恥ずかしい、面倒、時間的な余裕がない。

そうした時は一度個人輸入代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。