アイピルの効果とその評判や口コミ情報

公開日:2019/03/26 /  最終更新日:2019/06/26

アイピルアイピルは、性行為後72時間以内に一錠服用することで、高確率で妊娠を防ぐことができるアフターピルです。

「避妊に失敗したかもしれない」「妊娠を回避したい」…こういった緊急時に効果を発揮します。

コンドームを用いた避妊法は正しく使えば、98%以上もの避妊率を誇ります。

しかし、正しく使わなかった場合、その避妊率は80%を切るとも言われています。

その結果、望まぬ妊娠をしてしまい大変な思いをするというケースが後を絶ちません。

アイピルを用いることで、コンドームによる避妊を失敗したとしても99%にも及ぶ確率で避妊してくれます

事後避妊ができるという事から、性犯罪被害者に対して使われるケースもあるアフターピル。

いざというときのためにも、一つ持っておくとよいでしょう。

 

アイピルの詳細情報

シプラ社ロゴアイピルはインドに本社を置くのCipla社で製造・販売されているジェネリック医薬品です。

アフターピルであるアイピルには、低用量ピルの30倍近い女性ホルモンを含有しています。

黄体ホルモンのレポノルゲストレルが高用量で配合されていることで、急激にホルモンバランスを変化させ避妊効果を発揮します。

 

ホルモン含有量が非常に多いため、急激にホルモンバランスを変化させるため副作用も当然大きくなります。

そのため、平常の避妊法としてはアイピルは適していません。あくまで、緊急の為の避妊薬と認識しておきましょう。

 

アイピルの通販なら

アイピル
避妊に失敗した時にも使える、緊急避妊薬であるアイピル。
いざという時のために一つ持っておくだけでも安心感が違うため、多くの人が所持しています。
婦人科で処方してもらうと、非常に高いアイピルも通販ならお得に購入可能

アイピルの購入はこちら

 

アイピルの服用方法

薬を飲む女性避妊に失敗した後、72時間以内に水またはぬるま湯でアイピルを一錠服用します。

この時、72時間以内であれば早く服用するほど避妊率は高くなり、時間経過と共に避妊率は低下していきます。

避妊失敗から、24時間以内であれば99%近い確率で避妊が可能です。

また、72時間を過ぎてしまっても120時間以内の服用なら避妊できる可能性があります。

この時の避妊率は50%と非常に低くなり、妊娠する可能性が高くなっていますので病院での診察なども考慮する必要があります。

 

また、服用後の2時間以内に嘔吐してしまった場合、アイピルを飲み直す必要があります。

これは体内に成分が吸収される前に、体外へと吐き出してしまうことで避妊効果を得ることができなくなるためです。

 

アイピルの服用後、3日~14日の間に消退出血があれば避妊は成功となります。

 

 

アイピルを実際に使った人の口コミ

実際にアイピルを使う機会はなければないほど、良いと言えます。

しかし、現状だと望まない妊娠を避けるためには男性主体の避妊法であるコンドームを使った方法がメインとなってしまうため

予期せぬ避妊失敗という目に会う可能性は低くありません。

そうした時にそなえ、アイピルを準備しておきアイピルを実際に使っている人の口コミ情報を参考にしておくと、安心してアイピルを使った避妊を行えます。

 

アイピルを使った人の悪かった口コミ

Sさん(30代 主婦)

女性のイメージどうしても危険なときには飲んでます。副作用が重くてしんどいのですが、背に腹は代えられないという感じですね…

 

Mさん(40代 家事手伝い)

女性のイメージ思いがけず避妊に失敗したとき、早急に購入しました。
72時間に間に合ったので一安心でしたが、何故こんなに重要な薬を薬局に置いてもらえないのか、本当に疑問です。
もっと身近で買えるようにはならないものでしょうか?

 

Eさん(20代 学生)

女性のイメージ消退出血があるまで、吐き気はつらいし精神面は不安定だし、心も体も弱ってしまいます。

 

アイピルを使った人の良かった口コミ

Aさん(20代 会社員)

女性のイメージ使うことはないだろうと思いながら購入しましたが、ついに使う日が来てしまいました。ちゃんと持っててよかった…!

 

Kさん(30代 会社役員)

女性のイメージクチコミを見て購入しました。痛み止めやサプリメントも、常備して安心したいタイプなので。
やっぱり持ってるのと持ってないのとでは、安心感が全然違います。

 

Iさん(20代 学生)

女性のイメージ重い副作用を覚悟で飲みましたが、思っていたようなひどい症状はなく避妊に成功しました。本当に助かりました!

アイピルの通販なら

アイピル
避妊に失敗した時にも使える、緊急避妊薬であるアイピル。
いざという時のために一つ持っておくだけでも安心感が違うため、多くの人が所持しています。
自分の身を望まぬ妊娠から守るという意識を持っているのであれば、持っておいて損はありません。

アイピルの購入はこちら